筋トレ、空手四十の手習い

45歳のおじさんが空手を始めて黒帯習得に向けて日々邁進中!!!

指導者

アメフトの危険タックルで思ったことは

どんなスポーツや格闘技も個人のセンスはあるが

やはり指導者の指導は絶対的だと思う

間違った指導を受ければそれが当たり前のようになる

危険タックルもそれが当たり前という思いがあったのだろう

反抗すれば試合に出られないという思いからやったみたいだ

 

自分の空手の指導者は厳しい

人生の全てを空手に捧げているような方だ

しかし稽古の時は厳しい反面笑いも絶えない

みんなも強さだけ求めてるのではなく

そういう雰囲気を楽しみたく来てる感じがする

自分の中では良き指導者に出会えたと思っている

 

 

押忍!