ぎんぺいブログ

日頃から感じる事を適当に書いていきます

iDeCo(イデコ)って何❓

ど〜もぎんぺいです😊

 

投資初心者のサラリーマンが将来の不安からいろいろ調べて

初めに手を付けたのは

iDeCoでした。

iDeCoとは、個人型確定拠出年金と言われているものです

名前だけ見ると、もう嫌〜っと思った方

ちょっと待った❗️

 分かればサラリーマンにとって結構お得に、簡単に投資ができますよ。

 

今日は、iDeCoについて考えていきましょう🧐

 

目次

iDeCoとは

簡単にいうと国が推薦している制度で

自分が60歳になるまで掛金を拠出(貯金みたいなもん)する事です。

60歳になったら年金の様に貰うか、一括で貰うかです。

それだったら、普通に貯金すればいいんじゃないと思いますよね

では、メリットデメリットを見ていきましょう。

 

メリット

メリット①

年末調整で、沢山お金が返ってくる〜💰👍

サラリーマンしてると

年末調整で多くお金が返ってくるのは嬉しいですよね😆

今までは必死に生命保険の控除額書いても上限4万円だったけど

iDeCoにすると

サラリーマンなら上限27万6千円控除額に書けます。

これは年末に今より数万円多く返ってきます。

 メリット② 

iDeCoに積み立てたお金は運用されて、そこから出た運用益は非課税です。

普通は約20%が税金で持っていかれます。

何気にすごい事です😅

運用するには色んな証券会社や銀行が取り扱ってます🏦

ここで注意点‼️

銀行や、店舗を構えている証券会社で運用すると

半端ない手数料が取られます😱

初心者が1番騙されやすいです。

たかが数パーセントの手数料と侮るなから長い目で見ると洒落になりません。

お勧め目はネット証券です。

だいたいSBI証券楽天証券で間違いないです。

デメリット

当然ですが投資なので元本保証はありません。

1度掛けると60歳まで原則引き落とせないです。

ただ、掛け金を変更する事は可能です。

将来の事考え貯金するならiDeCoの方がいいと思います😊 

やるやらないは年代にもよる

私みたいに、40台後半になると老後の事も視野に入ってくるので、

iDeCoは便利がいいです。

月々2万3千円積み立てて年末調整で多く返ってきて、

運用益も非課税です。

ただ若い世代の方々は、iDeCoは60歳まで引き出せないので

少額からスタートしてもいいし、違う運用方法考えても

ありかなと思います。

まとめ

なんでもそうですが絶対いい運用の仕方はありません

ただ何もしないより少しでも知識があればお得になる事もあります

大雑把な事しか書いてませんのであしからず😅

詳しく知りたい方は調べれば沢山情報が溢れ返ってます

ネットで調べる事も大事ですよ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました😊

 

ではまた✋